月極め駐車場

月極め駐車場を地図、沿線・駅、住所の3つの方法で検索できます。

バイク用駐車場

バイク用駐車場を地図、沿線・駅、住所の3つの方法で検索できます。

コインパーキング

コインパーキングを地図、沿線・駅、住所の3つの方法で検索できます。

SSL認証対応

登録・お問い合わせページはSSL認証サーバーですので、お客様情報を暗号化して送信します。セキュリティには万全を期していますので、ご安心してご入力いただけます。


ケータイから

駐車場検索サイト「ネットパーキング・ドットコム」はケータイから見れます。

http://mobile.net-parking.com

QRコード携帯キャリア


車庫証明の手続ガイド

難しそうで実は簡単♪車庫証明の手続ガイド♪

自動車を購入したときなんかに必ず必要になるのが「車庫証明」。手続きはディーラーに任せてしまう人も多いのではないでしょうか?しかし、ディーラーに代行してもらうと結構高くついてしまいます。だいたいの相場で10,000円〜15,000円、高いところだと20,000円くらいかかるところもあります。せっかく車の本体を値引きしてもこれではなぁ・・・というわけで、車庫証明は自分でやってしまおう!

「でも手続きの方法がよく分からないし・・・」

「手続きをするのは面倒だし・・・」

難しそうな車庫証明ですが自分でやってみると意外とカンタンだったりするんですよ!
⇒カンタンなら自分でやってみよう♪ということで車庫証明の取り方を解説していきます!

解説……の前に、まずは注意点です

注意点1

窓口は平日しか受け付けていない!
残念ながら大体の所が休日は受け付けていません。要注意です!

注意点2

最低2回は窓口にいかないといけない!
申請と交付で2回は必ず足を運ぶことになります。書類を取りに行くことも入れたら3回になりますね・・・。
書類に不備があったらもっとかかってしまうので、準備はしっかりしておきましょう!!

注意点3

都道府県や管轄の警察署によって手続きが若干違う!
都道府県によっては申請書が2枚だったり4枚だったり(大阪はなんと5枚必要になるそうです!)。
書類も有料のところと無料のところがあるそうですよ。

それと、管轄の警察署は保管場所の管轄になります。
例えばA市に住んでいたとしても、駐車場がB市にあったらB市の管轄になるのでそこには十分注意しましょう!

まずは、申請書類の準備。

書類は管轄の警察署にいったらもらえます。
(自動車の購入先のディーラーや販売店さんでもらえることもあります♪聞いてみましょう!)

     申請書類 
  1. 自動車保管場所証明申請書
  2. 所在図・配置図
  3. 自認書(保管場所使用権限疎明書)
  4. 使用承諾書

「自認書」とは保管場所が自己所有の場合、「使用承諾書(保管場所使用権限疎明書)」は月極駐車などの車庫を借りている場合です。自分の家族が保管場所の所有者(自分の親の家、など)は使用承諾書になります。
場所によっては警察署のHPで申請書類のダウンロードが出来るところもあるから調べてみましょう♪

申請書類を作成しよう!

さてさて、次は申請書類の作成。
もらってきた書類を実際に記入していきます。ここから先は記入例を参考にしていってね。

自動車保管場所証明申請書

これは複写式になっているからボールペンで強めに書かないと下の方が写りません。注意!
車検証を参考に申請書類を書きましょう。印鑑は全部に押印(認め印でOK)。新車の場合はディーラーさんに「車名・型式・車台番号・自動車の大きさ」をあらかじめ聞いておくことを忘れずに。あと、新車だと車台番号がまだ出来てない場合もあるので、提出のときは空欄でもOKです。次に車庫証明をもらいにいくときまでに教えてもらいましょう☆

所在図・配置図

所在図に関しては市販の地図のコピーも可なので、「別紙参照」等と書いて別に地図のコピーを添えればOKです。ただ、この場合でも使用の本拠の位置と保管場所を分かるようにして直線距離がどれくらいかは書いておきましょう。配置図はメジャーで計って書いてみましょう。
保管場所が月極駐車場の場合だとオーナーさんが書いてくれるところもあるので確認してみるといいかもしれませんね☆
しかし! 立体駐車場の場合は配置図がありません。なので、配置図の変わりに、サイズ(全長、全幅、全高、車両重量)及び、管理番号(駐車場No)を持っていくと何かあった場合に処理が簡単だと思います。

自認書

保管場所が自分の土地・建物の場合に必要事項を記入。 先程も書いたように、家族が保管場所の所有者の場合だと「使用承諾書」の方が必要になるから間違えないように注意!その場合は↓こちら。

使用承諾書

保管場所の使用承諾書をオーナーさんに書いてもらうことになります。
マンションなどの共有地の駐車場は管理人さんに書いてもらうことになります。
一戸建てのように完全に自己所有の場合は書く必要なし!

車庫証明の申請!

さて、書類も完成したし、あとは警察署に2回足を運んで、申請と交付を受けるだけです♪ 結構カンタンでしょ?
さぁ、書類と申請料(印紙代、2,000〜2,700円位)を持って警察署へGO!

申請

まずは会計課にいって証紙を買いましょう。
ちなみに、ここで最初に払う車庫証明の申請代は、もし不許可になった場合は返ってこないので注意!!
その後、車庫証明の窓口へ申請書類をまとめて提出。
提出時に特に不備が無ければ交付引換証をもらって指定日以降に交付を受けることになります。この引換証を無くしてしまうと交付を受けられないから大事に保管しましょう!!

交付

警察が保管場所を確認して、問題が無ければ引換証で指定された日以降に警察署にて車庫証明を受けることが出来ます。
そのときも、まずは会計課にいって500円の証紙を買ってから車庫証明の窓口にいきましょう。地域によって違うかも知れませんが、念のため印鑑をもっていくといいかもしれません。

……これで車庫証明ゲット!!
さぁ、あなたも自分で車庫証明をとってみよう♪♪

▲ページトップへ